定期予防接種の多くは子どもが対象となっています。子どもの頃に受けた予防接種の免疫がどのくらい持続するかは人によって異なります。国立感染症研究所によると、少なくとも麻疹(はしか)、風疹(三日はしか)、日本脳炎、百日咳では、子どもの頃に受けた予防接種でできた免疫が大人になって弱くなってくることが分かってきています。
 特に、麻疹・風しん、日本脳炎、百日咳は大人でも免疫低下しているとかかってしまうため、任意接種(自己負担)での予防接種を受け、免疫を強くしておくのも選択肢の一つとなっています。
 今回、海外渡航の場合必要なものもあるため、新型コロナウイルスワクチン接種を期に、他の感染症から自分自身や周りの家族を守るために予防接種について考えてみませんか。
 
国立感染症研究所
 
KNOW! VPD(大人のVPD)
大人の予防接種記録手帳について

 新型コロナウイルスワクチン接種後の予防接種接種済証の管理や、インフルエンザ予防接種、高齢者肺炎球菌ワクチン接種、風しんの追加的対策等で接種した予防接種一覧表で管理ができる「成人用予防接種記録手帳」が国立感染症研究所にて公開されています。ぜひご活用ください。

 成人用予防接種記録手帳.pdf [ 1443 KB pdfファイル]